2006年12月25日

ブラック★中分け

スパイラルで、竹内正実さんのテルミン演奏と
マーブルのマトリョミン演奏を堪能してきた。

教授からは「スパイラルホールでやる」と聞いていたので、
ワクワクしながら向かったら、
2Fと3Fの間の階段の踊り場にテルミンが!
大きな階段だったらいい演出かもしれないが、
3人横並び程度の幅しかない・・・

灰色ジュータンの階段・・・
上り下りするためだけの階段・・・

扱い悪すぎるぞ! スパイラル!!!


一曲目は「星に願いを」のテルミン演奏で、しっとりとスタート。

とっても綺麗な音にうっとりしていると、
スタッフから「しゃがんで下さい」と言われる。
オシャレスポット・スパイラルで、
灰色ジュータンにしゃがみ込みながらテルミンを聴く。

・・・オシャレじゃないっ!


今回も簡単にテルミンについての説明があった。
ウィィィ〜ンとやってから、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド♪

すると隣にいた眠り猫さんが、我先にと拍手をしていた。
つられて周りのお客さんからも拍手が起こる。
盛り上げようとしているのかな?と思っていたら、
周りに聞こえないよう、眠り猫さんが私に耳打ちをしてきた。

sp1.jpg

sp2.jpg



マーブルによる「きよしこの夜」と「ホワイトクリスマス」では、
去年見た時よりも、ちょっと豪華になったサンタの衣装を
マトリョミンに着せて演奏。

クリスマス曲が終わり、最後の曲へと移る時、
マトリョミンの衣装をはずしながら
竹内正実さんがおっしゃった言葉が染みました・・・


  ”マトリョミンは服を着せたりして楽しむものではなく

   音色を楽しむものですからね” 




meri.jpg
背負い物・クリスマスバージョン (手抜き)


まあ、人それぞれ ということで

posted by スタイロ at 22:30| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

テルミン→SAKEROCK→大人計画

チームパレットの方の個展会場で、
SAKEROCKというバンドの曲が流れていた。

songs of instrumental

このアルバムに入っている「トロピカル道中」という曲に
テルミンが使われているというだけで、興味を持つ。

残念ながらテルミンを弾いているのはSAKEROCKの人ではなく、
ゲストとして吉岡利浩さんという方が弾いている。
検索してみたら、この方は竹内流で、ノコギリも演奏されるらしい。
ひょっとして眠り猫さんはつながりが?

でも、他のテルミンが使われていない曲もいい感じだ。
インストバンドということで、歌なしが基本のようだけど、
ギターの人がいい声だから、もっと歌ってしまえばいいのに。

ライブも見に行きたいなーと思ったが、
知ったのが遅すぎて、チケットは売り切れ・・・

しかーし!
SAKEROCKのギターの人は大人計画!
「ウーマンリブ先生」なら友人がチケットを入手済み!
ここまで読んでいたのか?!


どんな人なんだろう〜?
とワクワクしながらサンシャイン劇場へ。

さすが大人計画だけあって(?)下ネタ満載。
SAKEROCKの人の出番は多かったものの、常にほぼ全裸。(でも靴下着用)
ほぼ全裸なのに、爽やかな空気を放ってらっしゃいました。
ほぼ全裸なのに、弾き語って下さいました。
やっぱりいい声。

とりあえず、大きくイメージが崩れることがなくてよかったー

・・・そうか?!

sakerock.jpg
posted by スタイロ at 23:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球離れ

やっぱり、やの雪さんも見た方がいいよなー
ということで、
「ピアノとテルミンと重金属と」というコンサートを見に行った。

やの雪さんの演奏方法は独自のもので、
竹内流のように決まった型はないと聞いていたので、
一体どんなものだろうと興味津々だったのです・・・


舞台にはテルミンが3台置かれていた。
脚付きテルミン(竹内正実さんのものと同じ?)とEtherwave Proと、
後1つは見たこともない古そうなテルミン。

teru.jpg


「ほほぅ、曲調によってテルミンを使い分けるのか」
と思った私は甘かった・・・


コンサートは2部構成で、前半はクラシックを中心とした、
ピアノの人が言うには「良い子」な演奏。

「良い子」とはいえ、竹内流に比べれば動く範囲が大きく、
よくあれで音程が取れるものだと驚いた。
右手の手首や肘を固定することなく、
左手は最大音量を越えてもより高く!!
舞台に立つからには、聞かせるだけでなく、見せなければ!
ということだろうか?


後半はピアノの人が言うには「悪い子」な演奏。

やの雪さんは後半に入って、よりイキイキとされていました。
演奏もトークも飛ばしてました。
遠いお空(木星)へ飛んで行ってしまいました。

yayu1.jpg

奥義?三台同時演奏も炸裂

yayu2.jpg
重金属の人は、やの雪さんが変身してしまうのでは
とヒヤヒヤしたそうです。



いやー、楽しかった!
また何かあったら見に行こう。

アイムーン
ジャケットが怖くて躊躇していた(笑)CDを買った。


でも学ぶなら、やっぱり竹内流・・・
posted by スタイロ at 22:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

今、乙女がアツイ

鎌倉のマトリョーシカ絵付けワークショップの続き、
新橋で乙女大会☆茶の間ワークショップに参加。(1週間程前・・・)

途中だった、マトリョミン・マトリョーシカが完成しました!

matomaryo2.jpg

左から、ME02,ME03,寿,1K,マトリョール。

matomaryo1.jpg

細かい絵付けが苦手なので、かなり省かせて頂きました。


そして、憧れの消しゴムはんこにも挑戦!

hanko.jpg

うーん、線がヨレヨレだけど、初めてにしては上出来?
朱肉しかなくて、無理やりこすり付けて押したし・・・
あ!むっちりみえっぱりのチラシの裏を使ったのがバレバレだ!


さて、このワークショップで学んだこと

それは今、老若男女関わらず、「乙女」が求められている。

充実した日々を送るには、乙女心を持たなければいけない・・・




テルミン界に放たれた乙女推進委員会の刺客、
マトリョミン。


更に乙女度を増してみました・・・ 題して、

「実写で少女マンガ」











otome1.jpg

お花を背負ってみました。


otome3.jpg

思ったよりうまく出来たなぁ。


otome4.jpg

装着状態で演奏可能なのは、鉄則です。



材料

・バラの造花
・マーガレットの造花
・葉っぱの造花
・緑色の針金
・レースのリボン

全て100円ショップでそろってしまいました。



otome5.jpg

乙女ってお手軽〜
posted by スタイロ at 00:22| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

西荻窪を徘徊

ファミリーが多いにも関わらず、濃い街だった。


・ニヒル牛(にひるぎゅう)

若手作家の作品をこまごまと置いている店。
なんだか分からないブツブツした物体のマスコット、
中学生の夏休みの宿題のような手作り感いっぱいの本、
「ラフレシア」という題名のCD・・・
有り余るパワーと溢れんばかりの負のオーラにやられる。


・それいゆ

レトロなたたずまいの喫茶店なのに、ナポリタンはなかった。
ごはんものもケーキも、量が多めで庶民派価格。
一人でも入れそうな、敷居の低い落ち着いた雰囲気。
なのにナポリタンはない。


・にわとり文庫

絵本が充実した古本屋さんのようで、
「はっぴぃさん(735円)」と「ムーミン谷の冬(252円)」を購入。

はっぴぃさん ムーミン谷の冬
 
本を入れる袋は、ニワトリの形にくり抜かれていてかわいい。

niwatori.jpg

レジ前に「ご自由にどうぞ」と10円ガムがカゴの中に入っていたが、
勇気が無くて手は出せず。


・音羽館

マトリョーシカの本を発見したが、高いのでやめておいた。ちょっと後悔。
「知恵熱(400円)」と「ムーミンパパの思い出(150円)」を購入。

知恵熱 ムーミンパパの思い出

店員さんとサイン本収集家の会話にひきつつも、
普通の小説もある幅広い品揃えで、かなり長居できそう。


・アトリエカノン

1階がカフェで、地下(なぜか土足厳禁)がライブスペース。
「テルミン&チャップマンスティックLIVE」を見る。
スティックギターは弦が10本あり、ギターとベースの機能を持つ楽器。
省エネ省スペース。

ギターとベースとピアノとテルミン。
音が多めでテルミンがかすみがちだったが、
その分迫力があって楽しいライブだった。
隣の人の足の匂いが、最終的には気にならなくなる程。

いつもより演奏者同士が目を合わせることが多かった。
あれはいいなー。バンドっぽい。
あこがれる。

senaka.jpg
夢 「ギターと背中合わせ」


・ジョナサン

混んでた。
老後について語り合う。



そんな西荻ぶらりツアーのコンダクターが、
イラストの展示を行うようです。

http://blog.so-net.ne.jp/erikononikki/2006-08-27

ぜひ


ryon.jpg
(今日は一段とヒマだったので落書き)
posted by スタイロ at 22:07| Comment(25) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

音色とは?

竹内流を志す者として、
竹内正実師匠のテルミン演奏を見たことがないとはけしからん!

というわけで、
「テルミンの優美な音色が誘う、映画の歴史への月世界旅行」
に行ってきた。

教授の先生でマトリョミンの生みの親、竹内流を志すのならテルミン最高峰となるお方。
凝視 凝視 凝視 ・・・

竹内流とはいえ、テルミンは人によって手の動きが結構違ったりして、
ある程度のところまではその人がやり易い形で演奏してしまっていいらしい。
竹内先生の演奏を見て
改めて教授は竹内流に忠実なんだなーと思った。


しかし、一番気になっていたことは
「Etherwave Theremin の音色ってどうなのよ?」


以前、眠り猫さんにテルミンについて色々質問を浴びせていた時に、
眠り猫さんはEtherwave Thereminの音色についてグチられていた。
イマイチ反応の鈍い私に眠り猫さんは、
「竹内先生の脚付きテルミン(名前はなんだろう?)を聞いたことがあるのか?」
とおっしゃった。

asituki.jpg

違うのか? Etherwaveと脚付きはそんなに違うのか?


実際聞いてみて・・・
いや、ほんとに美しい演奏で・・・
でも楽器自体の音色がEtherwave Thereminとそんなに違うのか・・・
演奏が素晴しいからよく聞こえるだけではないのか・・・
ああ、自分の音楽レベルが低すぎてよく分からない・・・

そんな私の疑問に答えてくれるかのように、
なんと最後の2曲は脚付きテルミンとEtherwave Thereminの二重奏!

当たり前だが、ハモってばかりいるのでやっぱり分からない(笑)

しかし、一度だけ!
「恋のバカンス」で、脚付きとEtherwaveが交互に演奏する部分が!!

分かったー!!
Etherwaveの方が電子楽器っぽい音!(両方電子楽器だよ・・・)
BRIGHTNESSつまみをちょっとひねっちゃったみたいな!


・・・その程度かっ!
そこまでしてやっと、なんとなく分かる私ごときが考える問題じゃないじゃーん。

音楽に疎いというのは、ある意味幸せだなー




おまけ

夏休み自由研究
イワタコーヒーのホットケーキに挑む」

iwata.jpg

高さ6cm!! 勝った!
posted by スタイロ at 01:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

マトと魔女

しかこさんやトトコさんから聞いていた、
カトウ「茶の間」というワークショップに参加してきた。
今回は鎌倉でマトリョーシカの絵付けをするというもの。
(毎回違う場所で色々なものづくりをするワークショップらしい)

きっと常連の方ばかりなのだろうと少し気が引けてしまったが、
皆さんウェルカム状態で、とても居心地のよいワークショップだった。

絵付け作業中に、机の上にマンダリンエレクトロンの
マトリョミンチラシを置いている方を発見!
教授のファンでもあるようで。
いいお話を聞かせて頂きました・・・ふふふふ・・・

sirakimato.jpg
左からME02、ME03、寿、1K、マトリョール。
大まかな色付けだけで、時間切れ・・・

おいしいものを色々いただき、
青春花火(海辺で手持ちの花火)も堪能し、大船で就寝。
盛りだくさんで1日目が終了。



2日目はマト絵付けを引き続き行う人がほとんどの中、
せっかくなので鎌倉観光をしようということに。

猛暑のため、かなりしんどいながらも、
大仏や鶴岡八幡宮などの定番を押さえたルートを巡る。
中でも写真を撮りまくったのは、鎌倉文学館。

bungaku1.jpg
緩やかな坂道をのぼり

bungaku2.jpg
トンネルを抜けると

bungaku3.jpg
そこは鎌倉文学館


入り口には魔女の帽子を被ったおじさま二人組が・・・ え?
「魔女からの手紙 魔女への手紙 角野栄子の世界」
という展示が行われていた。
他に受付をする人はいなかったのだろうか?(笑)

角野栄子さんといえば、魔女の宅急便の作者でお馴染みですが、
この展示は魔女に憧れた子供の頃のドキドキが蘇ります。
ひょっとして本当に飛べるんじゃないかと、
ほうきにまたがってみた子供時代があります。 私でも。
ハリーポッターはほうきで空を飛ぶな!魔女の専売特許だ!!

おみやげに「魔女からの手紙」という絵本を購入。
魔女からの手紙



魔女入門 誰か行ってきて下さい
posted by スタイロ at 00:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

テルミン大学生は、結構大人です。

つ、疲れた・・・

taiku.jpg
(スキャナが壊れたので、カメラでとってみたらいい感じ。)


テルミン大学学園祭にご来場の皆様、
まことに、まことに、ありがとうございました!


リハーサルは開演前に行われたのですが、
この時点で生徒さんの間では緊張の空気が。
私は・・・まだ平気。

お客さんが入って来たら緊張するんだろうなーと思ったら、
お話をして逆に和む。

mienoさんがいらっしゃったので(オリガ嬢のオーナーさんも!)、
マト学シールを渡す。
これで今日の私の役目は終わったも同然。(演奏は?)

hana.jpg
事務長、ありがとうございます!

演奏の順番が50音順だったので、
最後にシューベルトのアヴェ・マリアを演奏。

始めの音を外す!
いきなりバレ易い失敗!
でもこの曲は1オクターブ高い音でもう一度同じ繰り返しがあるから、
そこがうまくいけば相殺されるだろう。

なのにまた外すっ!
ここで緊張のピーク到来!(遅い)
体内温度5度上昇。


前の授業で教授に
「少しはよくなったけど、大きな変化はない」(い、痛い・・・)
と言われた。
演奏の反省をまとめると、これが一番的確な表現。
深いビブラートの習得は間に合わなかったー

でも4人位に褒められた♪
大きな音で演奏出来て気持ちよかった♪
静かな曲なのに、つい最大音量を使いすぎた(笑)


演奏終了後はマトリョミンの営業。
そしてチームパレットとチームうまい棒とチーム大学で、
普段テルミン大学の授業を行っている2階の畳の部屋を見学。
(学園祭が行われたのは1階の部屋)

皆さんアトリエヘリコプターの雰囲気を気に入っていた様子。
工場の跡である、ファイルや判子や書類棚
2階へ上がれば、そこはおばあちゃん家のよう〜
いい味出してます。


終わってみれば、あっという間の出来事。
同じテルミン大学生といえども、
普段の授業で他のクラスの生徒さんとお会いすることがないので、
色々お話出来てよかったです。
なんだか本当に学校のようでした。
社会人になってもこういう経験が出来るとはねぇ。

enpitu.jpg
テルミン大学鉛筆 
posted by スタイロ at 22:47| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

はじめまして マトリョーシカ

確か20年程前に、なぜか父がロシアに出張していた。

おみやげはもちろん、マトリョーシカ。


・・・ああっ!!あのマトリョーシカはどこ行った?!

早速、母に捜索願を提出。


見つかりましたよ!
20年ぶりの再会!!

rosimato1.jpg

私の記憶では1人だったので、2人もいて驚いた(笑)
意外と日本的な顔立ちだったんだなあ。
日に焼けてしまったのか、くすんだ色合いがまたいい。


rosimato2.jpg

日本の多湿な気候が肌に合わなかったのか、蓋がしまりません。


rosimato3.jpg

うすーく切った木が貼り付けてあり、なかなか凝ったつくりだ。
所々、はがれてしまっていて残念。
・・・ん?
なんか爪でカリカリ引っぺがしていた記憶が・・・っ!!

もしもタイムマシーンがあったら、
子供の頃の自分に会いに行き、マトリョーシカを取り上げる。


rosimato4.jpg

美人七姉妹。


rosimato5.jpg

こっちも美人・・・ って六女がいなーい!

もしもタイムマシーンがあったら、
「子供だからってなんでも許されると思うなよっ!」って言う。


そういえば、
これって私が初めて出会ったマトリョーシカなんだよなぁ。
今もこうして存在していることが素晴しい。



rosimato6.jpg

スジャータ、1歳4ヶ月。
posted by スタイロ at 23:37| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

テルミン大学の夏 日本の夏

テルミン大学学園祭が行われます!
(テルミン大学生の演奏発表会)

7月9日(日) 14:30開場 15:00開演

会場:アトリエヘリコプター
http://www.helico5.com/access.html

非公式チラシ
tirasi.jpg



夜光虫を見に行った私としては、「7月って・・・」と思いましたが、
改装により、エアコンのききがよくなっているらしいです。

念のため、首に巻けるサイズのタオルがあるといいでしょう。
なんならヒエピタなんてあっても・・・ 野外か?夏フェスか?

いや、大丈夫らしいです・・・ たぶん


テルミン大学が開校して、およそ1年半。
時間がたつのは早いものです。
教授のご指導も、いつもに増して熱が入っているような・・・
れ、練習しないと ((゚Д゚;))))


テルミンを始めようか迷っている方
テルミンに対するフレッシュな気持ちが無くなりかけている方
テルミン大学の様子を覗いてみたい方
テルミンテルミン言ってるけど、一体ヤツはどの程度なのよという方
「大丈夫なの?」という方

是非おこし下さい〜
posted by スタイロ at 22:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

マンションが欲しい

ka2.jpg


posted by スタイロ at 00:18| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

водка

マトリョーシカ型のウォッカを購入。
かわいい見た目のわりに、ちゃんとした(?)ウォッカらしい。

uka1.jpg
350mlバージョンを渋谷で。

uka2.jpg
ふたを開けると普通の瓶。

よし、何かカクテルを作ってみよう〜。

ウォッカベースのカクテルといえば、
以前「±0 コードレス電話機発売記念 教授&オムトン」で飲んだ
”マトリョッカ”が思い出される。
しかし、何が入っていたのか今となっては分からない・・・。

ウォッカベースのカクテルといえば、
ソルティ・ドッグやらモスコミュールやら・・・
しかし、さして酒好きというわけでもないので、ものをそろえるのもめんどくさい。

まあ、適当でいいじゃない。

蜂蜜をお湯で溶かし、たまたまあった伊予柑を搾る。
酸味をポッカレモンで足す。
最後にマトリョウォッカを投入。

uka3.jpg
ホット・マトリョッカ 伊予柑バージョン

うま〜い♪
暖まるし、なんか体にもよさそう。


はやくもクラクラしてまいりました。
ウォッカの量は慎重に。
posted by スタイロ at 00:08| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

入学式

genzo.jpg



areha.jpg


za.jpg



youkoso.jpg


posted by スタイロ at 23:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

お題を出された

「バトンなんてめんどくさくてやってられるかー」
などと思っていたら、ししまいさんからバトンを渡された。


〜お題バトン〜
指定されたキーワードを『』に当てはめて回答

私へのお題 → 『テルミン』


やるでしょう、それだったら。



■Question 1.パソコンまたは本棚に入っている『テルミン』は?

パソコン・・・iTunesに、クララ・ロックモアのCD
       マイピクチャに、マトリョミンの写真がたくさんとETHERWAVEの写真が2枚
       マイミュージックに、録音した自分のへなへな「白鳥」

本棚・・・「テルミンを弾く」竹内正実 5775円 高い!
     「テルミン―ふしぎな電子楽器の誕生」尾子 洋一郎 630円 安い!



■Question 2.今妄想している『テルミン』は?

テルミン大学が文部省の認可を受け、本物の大学として開設される
教授も本物の教授となる

竹内正実さんが東京に移住
テルミン本拠地が名古屋から東京に

YAMAHAがテルミン開発に乗り出す
MS20Sがヘッドホン端子付きで再販

マトリョミンME04が発売
遠隔操作で縦横無尽に動き回る機能を搭載

金のう○こが金のテルミンにすりかえられる
unteru.jpg


どなたか実現して下さい。



■Question 3.最初に出会った『テルミン』は?

テレビでやの雪さんの演奏を見た。
生で初めてテルミンを見たのはテルミン大学で。



■Question 4.特別な思い入れのある『テルミン』は?

うちのマトリョミンのスジャータ。
花見をしたり、飲みに行ったり、船に乗ったり、セッションしたり・・・

マトリョミンは、楽しいことを呼び寄せてくれるのです!
一家に一台! 41,920円(税抜き) 

やっぱり宗教っぽいわ〜



■Question 5.最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?

めんどくさがられそうなので
ゴーーーール
posted by スタイロ at 23:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

ハミリーマート

部屋が紙だらけ
sitagaki.jpg
テルミン・マトリョミンの世界の展示もとっくに終わったというのに、
片付ける気がおきないぃぃぃ
怪しすぎるよ、この部屋。


というわけで、テルミン・マトリョミンの世界に来てくださった皆さん、
ありがとうございましたー。(遅過ぎ・・・)
来れなかった人もありがとうー!(仕事頑張って私を雇って−)

お客さんを迎える側のはずなのに、結局自分が楽しんでたなあ。

マトリョミン服飾コーナー
syoumen.jpg
私が作ったのはピンクの着ぐるみのみ。あとはmienoさんの作品です。
すみません!まぎらわしい並びですみません!

「テルミンを弾く」
tebiki.jpg
枚数多めを想定していたので、これでは迫力ないわぁ。
このシリーズは今後も増やしていこうと思う。

絵を描くのに使う神経と、テルミンを弾くのに使う神経は、ほとんど同じな気がする。
相乗効果が出ることを期待。
関心比 テルミン : 絵 = 8 : 2 になっちゃってるけど(笑)


展示終了後のこと
heart.jpg

脱力
mato1.jpg

posted by スタイロ at 22:49| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

スジャータ、出張中

イラストと着ぐるみの搬入をしに、コライユに行ってきた。

kora.jpg

コライユの外観が目に入った瞬間
「・・・このまま逃げてしまおうか」
そんな考えが頭をよぎった(笑)

怖気づくくらい、素敵なところだった〜

白い壁につくりつけの棚やテーブル、
席を見渡せるキッチンの上部には鏡がついていて、
調理中のようすを席から眺めることが出来るらしい。
是非とも渡辺篤史に褒めちぎって頂きたい。


もういちど宣伝
テルミン・マトリョミンの世界
ライブは満席ですが、お茶をしたり展示を見にもいらしてください−
搬入中にお菓子やサンドイッチをいただいてしまいましたが、
とてもおいしかったです!ごちそうさまでした!

ves.jpg

右:ヴェーラ受付嬢 左:ジャータ受付嬢
(mienoさんの許可なく勝手に撮影)

ツヤツヤしてますよー!



ついでに

現在発売中の「STUDIO VOICE 3月号」に
以前参加したリュレンツ・バルベーワークショップについての記事が載ってます。(6ページ!)
ブルーマリン号がいい感じで写ってますよー
すいません、またマトリョミンは写っておりません・・・
posted by スタイロ at 09:25| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

ゼロポイント

重い扉をこじあけて・・・一年経ってしまったのか。
テルミン大学二年生だな。

気付いたら、モスクワクラスの一期生は私だけとなった。
皆さんお忙しいようで、一段落着いたら復帰するといいつつ、
戻ってきた人いないなあ・・・(遠い目)

VIVA・ヒマ人

そもそもテルミン大学を知るきっかけは、映画「MOOG」だった。
渋谷の映画館で「MOOG」とかいてある前売り券を見つけ、
「またテルミンの映画があるんだー」と思い込み、映画「MOOG」のHPを見つけ、
そこからテルミン大学のHPにたどり着いたのだ。

「テ、テルミン大学って!」

私がテルミン大学の存在を知った時には、既に生徒募集が始まっていたが、
それでもなお、一日迷ってから入学を決意。
決め手はやはり、「MOOG」のHPにリンクされていたこと。
あのゆるゆるHPでは、さすがに怪しすぎる。(笑)

テルミン大学の初日は、とても緊張したなぁ。
教授のスーツ姿は、あれ以来見たことがない。

チューニングにすら一苦労のあの頃に比べたら、
テルミンの演奏もだいぶ上達したとは思うが、一年やってもこんなもんかあ。
いや、テルミンばあさんのナチュラル・ビブラートをめざすのだ!
道のりは長い。

とりあえず4年間通ったら、テルミン大学院生になれるのだろうか?

zeropoint.jpg
posted by スタイロ at 22:04| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

なぐぁ祭り

私にブログをかかせたり、私と眠り猫さんを繋ぐなど、
数々の偉業を成し遂げられているものの、実は全くお会いしたことがなかった
ナゾの黒幕なぐぁさんが東京にやって来た。

いた!なぐぁさんは本当にいた!
なぐぁさんと眠り猫さんは、同一人物じゃなかった!



○土曜日のこと

そんな感じで一緒に円盤ジャンボリーに行く。
なぜか高円寺に行ってしまった(笑)トトコさんは、遅れて合流。

白衣バンザイ!
作業着好きにはたまらない衣装で登場のニチェボー。
(ちゃんと医療用のものらしい)
新型オーナーのカリスマ?すよんよんさんもマトリョで本格参戦など、
今年のニチェボーは様々な方向で攻めていくようだ。

演奏後、マトリョ3体マトリョール1体でのセッション大会。
matomatomato.jpg
なぐぁさん、下北へ消える。


円盤ジャンボリーではしゃべってばかりで、出演者をあまり見ていなかった。
ただ気になったのは、民族楽器を作って演奏をするヌンチャク先生。
焚き火をしたくなりましたよ、ヌンチャク先生。
ひょっとしてパレット期待の若手が授業を受けたことがあるのでは?ヌンチャク先生。


というわけでお知らせ

眠り猫さんの後輩?パレット期待の若手が個展(卒展)をやります。

2月11日(土)〜23日(木)
15:00〜21:00(土日13:00〜) 最終日〜20:00
appel

がんばれー行くよー


ヌンチャク先生の余韻に浸っていたら、
こちろうさんに「ニチェボー&フレンズオブテルミン新年会」に誘って頂いた。
私はニチェボーでもなければ、実はフレンズオブテルミンにも入会していない(振り込むのを忘れ続ける・・・)が、もちろん参加する。
トトコさんも巻き添えで。
(訳わからない方向にばかり引きずりこんですみません!)

主な収穫
 ・五反田団の工場が改装されようとも、テルミン大学の畳は継続
 ・こちろうさんは女装が似合うらしい
 ・賃貸人格さんはニチェボーのマスコットガール



○日曜日のこと

なぐぁさんと眠り猫さん思い出の地、下北の小学校でマトリョミンセッション。
暖かい気候にやたらと感謝するお二人。
第一回マトリョセッションの時、よほど寒かったらしい。

なかなかによい雰囲気の小学校。
下北なんてオシャレな街にあっても、ちゃんと懐かしい匂いがする。
「赤毛のアン」や「トムソーヤの冒険」を積み上げたイスで、マトリョやノコギリ演奏会。
何時間も奏でたかったが、うんていとかもやりたかったが、ブランコとか滑り台とか・・・
眠り猫さん、営業に出る。


下北をうろついてから、寄生虫博物館へ向かう。
なぜなぐぁさんは東京まで来て寄生虫?
いつか行くことがあるかもしれないと、心の準備はしていたつもりだが・・・ここでか!

寄生虫博物館は大盛況!みなさん以外と好きらしい・・・。
思ったより見られるし、楽しいかも。
でも私は理科の教科書の、カエルの解剖やボルボックスやシダ植物の裏側などのページは、
ウッカリ見てしまわないようにセロテープでとめていた人です。
寄生虫の本は貸してくれなくていいです、眠り猫さん。


ここでなぐぁさんの釣り仲間さんが合流。
寄生虫もそこそこに、ファミレスに移動。
釣りトーク炸裂!
日本語なのに意味が全然分からず、通訳をしてもらいながら会話に参加。
最近、変わった人にしか会わないなぁ・・・(笑) 
釣りの魅力は分かりませんが、話はおもしろかったです、はい。

そして釣り仲間のお二人は、山の手線に乗って消えていった。


こうしてなぐぁ祭りは終了し、私は岸田祭りへ・・・
(MOTOKOトークイベント【ゲスト:岸田繁(くるり)】ギターとカメラと「京都」)

・・・かききれなーい!
とにかく楽しかったということ。
posted by スタイロ at 00:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

間違った方向に情熱を燃やした結果

なぜかMandarin Electron Mail News vol.169がきていないので、
マトブロから勝手に転載。


てるみん村&コライユPresents  
「テルミン・マトリョミンの世界」〜手作りケーキセットつきSWEETライブ〜


日時:展示は2/11日(土)11:00-18:00と
      2/12日(日)11:00-13:30、16:00-17:00
ライブは12日(日)14:30-16:00 限定25名さま程度の予約制
(上記ライブの1時間前からライブ終了まではライブ入場予約者のみ入場可。)

会場:食とギャラリー コライユ
    東京都港区西麻布1-8-12(ホームページ未開設です。)
    電話:03-3470-0039
出演:テルミン、マトリョミン:相田康一郎、
    マトリョミンアンサンブル「ニチェボー!」(賃貸人格、佐藤沙恵、
    伊藤麻紀、橋本裕子・・・キーボード)
展示作品作家:イラストレーター 高橋千恵美
    日本画家 林牧、 テルミン大学一期生 村川由紀子(イラスト)、
    仕立て屋 タマミーノ(帽子ほか)、
    マトリョミン服飾デザイナー スタイロ(着ぐるみ)
手作りケーキ: 近藤清子  
マンダリンエレクトロン社展示予定製品: 
    1,000体出荷記念のME03QT_1Kや「Matryomin寿」のサンプル品、
    その他木のおもちゃ含め現行販売製品各種        
入場料:ライブ観覧(手作りケーキセットつき)2,000円。予約制
   ・展示のみご覧いただく方は予約不要で無料ですが、当日お飲み物
    (コーヒー、紅茶)のご注文をお願いします。

ライブ観覧ご予約のお申込受付は1月10日(火)11:00AMより。表題(件名)
「2/12限定ライブ申込」として、お名前、観覧人数、ご連絡先を明記のうえ
下記FAX番号またはEメールアドレスまで、お願いします。
申込み確認の返信にお振込み先郵便振替口座番号を記載いたします。
入金確認をもってお申込みの確定といたします。
FAX(コライユ)03−3470−0539
E-メール(相田) chon_magerino@hotmail.co.jp


着ぐるみとイラストで参加します。
大丈夫?大丈夫?!自分!!

というわけで、よかったら見に来て下さい〜
posted by スタイロ at 11:15| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年1月30日 全てはここから始まった・・・?

2005
年末ダイジェスト

unhiru.jpg
吾妻橋ダンスクロッシング 
初めてマーブルを、竹内正実さんを見た!

sutaba.jpg
マトリョミンのお茶会

12.24.jpg
ピンポイントギャラリーにて、ドキドキで入手
日付がまたステキvvv

34kyu.jpg
見事、マトリョミン検定4級そして3級を取得!
カジノも豪華に!

suama1.jpg suama2.jpg
地方出身者は知らなかったお菓子、すあまをam/pmで発見!
思ったよりおいしいが、食後だと胃にズシリとくる


2006

そして今年初の音楽観戦
「小さなコンサートVol.4 in 111番館」

会場は、港の見える丘公園の中にある洋館
靴を脱いで建物に入ると、シャンデリアがぶら下がる吹き抜けステキ空間
ピアノやアコーディオンやギターやノコギリや叩くもの色々・・・
小さな空間での、耳を澄ませて聞く音楽
こういうものもいいなあ〜

明日は武道館でくるり。
これもいいのな〜
posted by スタイロ at 00:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。