2008年07月22日

SSW

私は楽譜を読めないので、
MIDIソフトでちまちま音符を打ち込んで、
それを何回も聞きながら音を覚えるという方法で、
毎回乗り切っている。 
ええ、乗り切れているはず。

そんな話をとあるお方にしたら、
「それならフリーソフトで充分じゃん。
 なんでわざわざお金を出してまで〜(略)」
と、不思議そうに言われてしまいました。
「フリーでMIDIデータを楽譜に変換出来るのはなかったはず!」
で、その場はごまかしましたが、
ひょっとしてあるんですかねぇ〜。
ありそうだなぁ・・・

といわけでなんとなくもったいない気もしてきたので、
今回伴奏はMIDIで頑張ってみました。
スジャータ三重奏です。


打楽器使いまくり



feru.jpg
手作りアピール
posted by スタイロ at 00:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニチェボー!の宣伝です。

◎世田谷反核・平和コンサート2008◎

日時 2008年8月31日(日)午後3時開演(午後2時30分開場)

場所 世田谷美術館 講堂
東急田園都市線「用賀」駅より徒歩17分 または美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分
小田急線「成城学園前」駅より渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分
小田急線「千歳船橋」駅より田園調布駅行バス「美術館入口」下車徒歩5分
東横線「田園調布」駅より千歳船橋行バス「美術館入口」下車 徒歩5分
参加費 前売り1500円、当日1800円

出演 五味結音(ピアノ)、久良木夏海(チェロ)、ニチェボー!(マトリョミンアンサンブル)、中田一子(歌、ピアノ、ガムラン楽器)、前田達彦(パーカッション)、林田圭緯子(バリダンス)、親子ばとコーラス、酒井弘道(話)、和波考禧(ヴァイオリン)、土屋美寧子(ピアノ)

主催 世田谷反核・平和コンサート2008実行委員会
後援 世田谷区、世田谷区教育委員会
お問い合せ・お申し込み 電話・FAX:03-3426-3627(中田音楽) 


世田谷美術館なんて、随分とステキな場所で!
駅から遠く、バスに乗ったりするので
アクセスを充分ご確認下さい。


世田谷美術館といえば、高校生の頃に家族で行ったことがあります。
静岡からわざわざ世田谷美術館のためだけに出向くとは思えないので、
何かのついでか? 全く思い出せません。
ちょうどその時は現代アート系の展示が行われていて、
ものすごく引いたのはよく覚えてます。
中には全裸じゃないと鑑賞出来ないという作品もあって、
一体何の意味があるのだろうと思い、そこは迷わず素通りしました。

「なんかよく分からないけど都会はスゴイ」
そんな印象が深く刻まれたあのころ・・・




◎A Trip to Russia〜マトリョミンが歌うロシアの調べ〜
   マトリョミンアンサンブル・ニチェボー!第2回定期演奏会◎

日程 2008年9月20日(土)

昼の部 開場14:30、開演15:00
夜の部 開場18:00、開演18:30

場所 武蔵野スイングホール

交通:JR中央線・西武多摩川線武蔵境駅北口より徒歩2分
★中央線高架化工事のため、ホームから改札まで2分くらいかかる場合があります。

前売り2,000円、当日2,500円
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:35979)

前売券は、ローソンの店頭端末「Loppi」で購入または、パソコン・モバイル・電話でのご予約が可能です。
購入方法につきましては、ローチケ.comの「買い方いろいろ」「初めての方へ」をご覧ください。
なお、購入方法によって、手数料、配送料がかかる場合がございますので、ご注意ください。

出演 マトリョミンアンサンブル・ニチェボー!
(ゲスト:バラライカアンサンブル)

その他お問い合わせはe-mail: nichevo.nichevo@gmail.com



去年、ニチェボー!の第1回定期演奏会があるという話を聞いて、
毎年やるのだろうか?
“定期”なんて題名に入れちゃって大丈夫?!
などと勝手に心配してました。
(もちろん当時の私はニチェボー!メンバーではない)

そんな去年の私の心配をもろともせず、
第2回定期演奏会が行われます。
ロシアの弦楽器、バラライカとの共演もあります。
バラライカ奏者はマトリョミン奏者より少ないそうなので、
かなりレアですよー。

※全席自由と書いてありました。
 まとめて買わなくても大丈夫だと思います。
posted by スタイロ at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

新入り

ryo2.jpg

とうとう我が家にも、マトリョールがやって来た。


ryo1.jpg

4:3:3分けがキュートなコワモテガール☆


サンマロンズの皆さんに頂いたので、
名前は「秋子」にしました。

マト学幼稚舎への入園手続きをしなければー。


というわけで、さっそく録音してみました。
「モスクワ郊外の夕べ」しか歌えないマトリョールのために、
他の歌を歌わせてみました。



マトリョール,マトリョミン,鉄琴,マラカス,かえるの音がするやつ


ちょっと無理があるかぁ。
posted by スタイロ at 23:18| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

エレ片フェス

最近「マトリョミン」と検索すると
ラーメンズファンのブログが出てくることがあります。
ラーメンズファンはファン濃度が強めの方が多そうなので、
そこからテルミンワールドへなだれ込んできたりしないんですかね?

片桐仁さんは何かのイベントや舞台の後などで
しばしテルミン演奏をされているらしく、
ラーメンズファンの友人(弱め)に「エレ片フェス」というイベントの話を聞いた時、
即座に行きたいと申し出ました。
「エレ片フェス」とは
エレキコミックと片桐さんがやっているラジオの二周年記念イベントですが、
出演者がミュージシャンばかりで、ライブがメインの模様。
これは片桐さんがテルミンを弾くに違いない!


場所は赤坂BLITZ。
まだ出来たばかりのライブハウスで、なんだかオシャレ。
新築特有の薬っぽい匂いが体に悪そうです。

出演者は、黒色すみれ・ホフディラン・曽我部恵一BAND・デーモン小暮閣下。
シークレットゲストというのは、雨上がり決死隊のことだったのでしょうか?
教授が出てきたら、みんな知らなくて面白かったのに。
(ひょっとして強めのファンの間では常識?)
転換の間もエレ片や出演者が場をつないでくれるので、正にぶっつづけ。 

私は4組とも見るのは初めてで、曲もほとんど知らないものの、
はじめの方でやったエレ片のコントの印象が薄まるくらい楽しかった。
チケットは出演者が発表される前にほとんど売れてしまったそうで、
自分達のファンがほとんどいないという、
わりと厳しい状況だったようです。
曲紹介が「一番売れた曲です。」や、
本来なら盛り上がりが予想されるところで「知らなくてもなんとなく歌え!」など、
みなさんとても低姿勢でした。

一番の目的をすっかり忘れてしまったころ、
デーモン小暮閣下の出番になり、
舞台の右端にテルミンがセッティングされました。
ここで片桐さんが飛び入りか?!
それとも閣下自身が演奏したりして?!

閣下の存在感に圧倒されまくり、あっという間に最後の曲。
あれ?テルミンは?と思い右端に目をやると・・・ ない!
使ってないのに片付けられてる!

その後出演者が全員出てきて、ウインクの「愛が止まらない」を熱唱し、
およそ4時間にもわたるイベントは大歓声の中、幕を閉じました。

   0006.jpg
いえ、楽しかったからいいのですが・・・
posted by スタイロ at 20:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マトフェス

遅ればせながら
春のマトリョミンフェスティバルにお越し頂いた皆様、
ありがとうございました!

お客さんが120%くらいは入っていたのではないでしょうか。
マトリョミンパワーが日々加速しているのを感じます。

中延の商店街も好評だったようで、
見て周らなかったことが悔やまれます。

Image3.jpg

「潟jチボー」なら存在するようです。
posted by スタイロ at 20:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

勝手に考えてみたシリーズ

振り返ってみると私は、
何かにつけ勝手にマークを考えている。

・テルミン
ka2.jpg.jpg


・テルミン大学
ka3.jpg


・聖マトリョミン学園(これは公式か!)
ka6.jpg


・うたたね合唱団(現在はしーもさんの手料理を食べよう会?)
ka5.jpg


サンマロンズ(今も練習会をしたり、カレーを食べたりしています。)
ka4.jpg




発表会の後からニチェボー!の練習会に参加するようになったので、
一応やっておきます。

・ニチェボー!(実際に間違われたことがあるそうです。)
ka1.jpg

検索してたら発見!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E6%99%BA%E6%A0%84%E5%9D%8A



そんな感じで、
春のマトリョミン祭に私もニチェボー!枠で出演させていただきます。
新人なので、私が出るのは後半の曲のみですが。
あわよくば見にいらして下さい。


〜春のマトリョミンフェスティバル〜

2008年4月12日(土) 19:15開演(18:00開場)

Live & Dining Bar ボナペティ

2,500円(2ドリンク+1フード付 予約不要)

第一部 キグルミン(19:15〜)
第二部 リョン♪リョンズ(20:05ころ〜)
      ゲスト:高橋裕(ギター)
第三部 ニチェボー!(21:00ころ〜)
      パーカッション:セニョールオリィ
      ゲスト:セニョールユウ(ベース)
          ときわかねなり(鍵盤吹奏笛アンデス25F)

ka7.jpg
                  
posted by スタイロ at 21:40| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ネズミ年

干し芋やお菓子はすっかり食べ終わり、(おいしかったです)
花も若干しおれてまいりましたが、(でもまだキレイ)
『テルミン演奏大発表会2008』にお越しいただいたみなさま
ありがとうございました。

nezumi3.jpg

今回は池袋コミュニティカレッジのテルミン教室との合同発表会ということで、
出場者は先生も合わせて20人と、
あっというまに終了してしまった前回(推定40分)に比べ
見ごたえがあったのではないでしょうか。
いや、そうでもなかったのでしょうか。

出演する方としては、多くの生徒さんの演奏が聞け、
他の教室の雰囲気なども見られてお得でしたねー。
待ち時間では「なぜテルミンを始めたか?」「何で知ったか?」
といったテルミン定番話をしました。
やっぱりコーネリアスは聞かなきゃダメですよね・・・ TSUTAYA行ってこよ。

私は「G線上のアリア」を弾いたのですが、
あっという間に終わってしまった感じですねぇ。
「ここはこういうふうに弾いて〜」とか考えてたつもりなのですが。
今となってはちゃんと弾けていたのか、確かめる術はなし。

あ、動画の撮影がなかったんで、DVDもありません。
裏鬼コーチの激辛チェックもなしかぁー 
残念のような、そうでもないよな?!(笑)

他の生徒さん達も緊張はされているようでしたが、
リハーサルよりもいい音を響かせていました。
ここからまた、ネズミ算式にテルミン愛好者が増えていけば・・・!

nezumi2.jpg


帰りに都会を疾走するリアルねずみを目撃しました。
こりゃあ、縁起がいい。 
posted by スタイロ at 22:43| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

新春特別企画

『テルミン演奏大発表会2008』

2008年1月13日(日) 18:30開場、19:00開演

場所:アトリエヘリコプター
入場料:100円 ※前売り、予約なし
 (池袋コミュニティカレッジ「テルミン演奏法」受講生、「テルミン大学」学生は入場無料)

出演:池袋コミュニティカレッジ「テルミン演奏法」受講生8名
    「テルミン大学」学生10名、濱田佳奈子、佐藤沙恵

詳細はテルミン大学HP 「今後の活動予定」のところをご覧下さい〜


nezumi.jpg


といった感じで、テルミンの発表会があります。(一週間切ってるよ!)

テルミン大学では2度目の発表会となりますが、今回はなんと、
池袋コミュニティカレッジのテルミン教室との合同発表会です!
入場料100円というのがいささか気になりますが、
教授と濱田先生の演奏もあるのでご安心を! むしろ安い!
学園祭なノリで見に来ていただけると、これ幸いです。


そんなこんなで私のテルミン歴ももうすぐ3年・・・
早いわ〜
ということはテルミン関係で繋がった方々はみんな、出会って3年経ってないのか・・・
遅いわ〜

ある程度基本が出来ればいいやと思っていたのに、
一つクリアするとまた別のことが気になってくる。
明確な境界とかないし、練習しても練習しても、これで完成!とはならない。
でも過去を振り返ってみると、結構上達してたり・・・?
これか! 楽器の魅力って、これか!!

という気持ちで挑みたいですねぇ、2008年も。


正月っぽくない 春の海その2

テルミン,マラカス,縦笛,鉄琴
posted by スタイロ at 00:12| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

池袋に異空間

ゴミゴミした池袋から少し歩いたところにある、
自由学園明日館に行ってきた。

フランク・ロイド・ライトの設計で、1921年に建てられたそうです。
惜しいっ!
1920年だったら、テルミンが発明された年だったのに。


m1.jpg

後ろはビルだらけ。


m4.jpg

もう12月だというのに、屋根に紅葉が・・・
異常気象も悪くない。


m13.jpg

暖炉が好きなライトさん


m6.jpg

正方形が好きなライトさん


m10.jpg

ステンドグラスが好きなライトさん・・・

ここはステンドグラスにしたかったそうですが、
教育の場なのであまり華やかなものはダメだと言われ、
コスト削減のためにも諦めたそうです。
ステンドグラスじゃなくったって、素敵ですよ ライトさん!


m9.jpg

食堂の照明

「天井が高過ぎてよそよそしい!」ということで、
このような凝った照明を吊り下げたそうです。 (よそよそしい???)
建築家はみんな天井を高くしたがるものだと思っていたら、
そうとも限らないんですねぇ。


m12.jpg

どの部屋も光がきれいに入ってくる。


m14.jpg

以前この講堂で、
パーシー・グレインジャーの曲を演奏するというライブがあり、
「Free Music」というテルミン四重奏を聴きました。
音は綺麗に響いていたし、何より雰囲気がよかったです。
またここで何か見たいなぁ。

そういえば、大人の科学のテルミン号に載っていた
矢野顕子さんと竹内正実さんの対談は
自由学園で行われていましたね・・・
お二人のライブがここで行われたりしないんですかねぇ?
見たいなー そんなの見たいなー



一応季節ものを

マトリョミン,鉄琴,鈴
posted by スタイロ at 23:34| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

ヘリコプター音楽祭 レポート

パ ○ ウ ェ ー ブ !

いやー、生まれて初めてスカートの下に“スパッツ”をはきました。
去年買ったものの部屋着と化していた、
無印の14分丈スパッツが日の目を見ました。
調子に乗って、この冬はブーツインにチャレンジしてしまうかもしれません。


サンマロンズとして参加させて頂いた
ヘリコプター音楽祭が無事終了しました。
見に来てくださった方々 見たくても来れなかった方々
ありがとうございましたー!

Image073.jpg



〜1日目〜

やはり1回目の本番が一番緊張しました。
客席の方も全然見られなかったし。
2回目の本番は、教授が言っていた
「2回目は気が抜けて、失敗することがよくあるんですよ〜」
という注意を守って、落ち着いた演奏が出来たのではないでしょうか。
アンサンブルは自分では出来がよく分からないので、
不安ですねぇ。
DVDがもらえるそうなので、後々じっくり一人反省会をします。

終演後は軽い打ち上げ・・・というか晩御飯。

こういったイベントごと中だと、食事の内容も偏りがちになるものですが、
カフェの中川さんによるまかないが、昼と夜にありました。
内容も、梅の炊き込みご飯に肉じゃがにほうれん草のおひたしやら、
秋刀魚と大根の炊き込みごはんに厚揚げと鶏肉の煮物・・・といった感じで、
とても栄養価の高いおいしいご飯でした!
出演者やスタッフのお肌もさぞツヤツヤだったことでしょう。

シャンパンの差し入れもあり、みんなで乾杯をしました。
「人に当たらないように上に向けて・・・」というアドバイスをフリと受け取ったのか、
教授はテルミンバンドのみなさんに向けて、シャンパンの栓を発砲していました。
テルミンバンドの体を張ったミニコントに、宴は大盛り上がりでした。


〜2日目〜

あっという間の3回目。
私だけチューニングに手間取ってしまいましたが
なんとか演奏出来ました。

終演後は片付けをして、打ち上げ。

この日も教授がシャンパンを開けようとしたので、
周囲に緊張が走りましたが、
オムトンのリーダーさんが手際よく華麗に開栓してくださいました。

客としてライブを見に行くと、出演者しか目に入りませんが、
それ以外にも多くの人がいて、色んなことをしているんですねぇ。
よい思い出と経験値、いただきましたー


会場に飾られていた、美術の滝沢さん製作のマトランプを購入しました。

herimato2.jpgherimato1.jpg

herimato3.jpg

シリアルナンバー入り

kemurineko.jpg

以前、某猫さんがおっしゃっていたことがよく分かった
ヘリコプター音楽祭でした。
posted by スタイロ at 22:50| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

マト学学園祭 テルミンminiを弾いてみようのコーナー

大人の科学のテルミン号が、売り切れ続出のようですねぇ。

大人の科学マガジンVol.17 テルミン (Gakken Mook)

のだめに登場しても、さして盛り上がらなかったテルミン・・・
来たのか!今度こそ来たのか! 
どうなの?!

大人の科学ファンとテルミンファンは、
結構人種がかぶってそうだなぁ


本にはテルミンの歴史や原理などの基本情報もありつつ、
矢野顕子や小山田圭吾インタビューでオシャレゾーンもカバー
でも一番気になったのは、最後の方の通販のページ。
再現VTRに出てきそうな女性とマトリョミンの写真とか、
フリーダイヤルで注文できちゃったりとか、
商品番号とか・・・
japa.jpg


付録のテルミンminiは、組立は簡単なものの、
チューニングがなかなか合わなくてイライラ〜っとする。
本によると外部アンプに接続出来るように改造をすると、
チューニングが安定して、音色もよくなるらしい。
しかしnaeさんの話によると・・・ うーん、電気ドリルねぇ・・・

とりあえず出来ることからやってみるようと、
mixiのテルミンコミュに書いてあったチューニングのコツを参考にし、
ここに載っていたアルミホイルアースを取り付けてみた。

mini.jpg

おお?なんか安定した!
これなら弾ける!
理屈はサッパリ分からないけど。


「別れの曲」 酸欠バージョン

テルミンmini,ふきもどし,鳥の笛(教授モデル)


torihuki.jpg

頑張りすぎて頭痛
posted by スタイロ at 00:36| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

教授とゆかいな仲間達

マトリョミンアンサンブル「サンマロンズ」に入隊しました。
ヘリコプター音楽祭に参加してしまいます。
是非お越し下さい〜


「ヘリコプター音楽祭」
テルミン奏者 佐藤沙恵レコ発ライブ+打楽器バンド Omu-tone ライブ
10月13日(土) 15:00- 19:00- ・ 10月14日(日) 15:00-
アトリエヘリコプター

■テルミンバンド■
佐藤沙恵(テルミン、マトリョミン) 下田敦(ギター)
太田真由美(パーカッション)DAN(アコーディオン)

■オムトン■
澤口希(マリンバ) 高橋若菜(マリンバ)佐藤貴子(パーカッション)

■サンマロンズ■
今秋限定 マトリョミンアンサンブル

前売 2300 円 / 当日 2500 円・中学生以下 1000 円
美術:滝沢達史 照明:猪川哲一朗  CAFE:中川幸子

ご予約・詳細は こちら




sanmaron.jpg

そんなわけで、先日サンマロンズの初会合がありました。
明らかにスジャータ(旧型)が長老でした。
「ドミソ」と言われて「ドレミ」と弾こうとしたせいか、
下パートを弾いたら教授に「大丈夫そうですね」と安心されてしまいました。
(でも上パートになりました。)
しっかりー 自分ー

大人数で演奏する機会なんてなかなかないので
ここで経験値を上げるぞー!
本番が3回もあるよー!
思い出作りー!


サンマロンズの後はテルミン大学。
私のクラスの時間までヒマだったので、シベリアクラスを見学してみた。
シベリアクラスは割と最近に設立されたはずなのに、
ある程度弾けてしまう生徒さん達に驚く。
キーボードで虫を威嚇する教授のナチュラルっぷりにも驚く。
ikaku.jpg

※ 虫はその後、やさしく窓の外に追いやられていきました。
posted by スタイロ at 22:16| Comment(15) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

治外法権ゾーン

「沼田元氣さんのロシアの茶話会/佐藤沙恵さんによるマトリョミン演奏」
を見に、ロシア大使館に行ってきた。

ガチガチに固められた塀の中には建物がいくつかあって、
私達が足を踏み入れたところは、意外と普通。
レトロモダンっぽくもあり、市民センターっぽくもある。

ros1.jpg
 
ros2.jpg

絨毯と照明がセレブ?


ros3.jpg

ここは小学校の講堂らしい。
小学生の子達が、このイベントのために
かわいらしい飾り付けをしてくれたそうです。
方向性はズレているものの、かなりレベルの高い
富士山と桜と東京タワー

大使館の中には小学校があるものなんですねー
え?常識??
あれ?大使館って何するところ???
うわー 何にも知らなーい
私の生活に絡んでこなーい


沼田元氣さんは何とも不思議な人でした。
かわいいものを追いかける熱意がスゴイ。
観光地を周るのではなく、ただ、かわいいものを見つけに行く旅。
行きたいなぁ。
鶏や斧を持つ、リアルマトリョーシカを見てみたい。

教授のライブは
「ムーンリバー」と「東京ブギウギ」と「カチューシャ」の3曲。
お客さんには浮世離れしたようなかわいらしい女子がいっぱいいたので、
かなりウケていた様子。
マトリョミンは、ど真ん中でしょー


ライブ後は揚げていないピロシキとロシアンティーと
ロシア雑貨バザーに群がる。
ピロシキ、揚げてない方が好きかもー
でも、熱々のソーニヤのピロシキが一番か


お菓子はおみやげに持ち帰った。

ros4.jpg

チョコとラムネ

やっぱり包み紙がかわいいのう。
味は期待していなかったのですが(失礼な)
普通においしい!

今度はロシア大使館でテルミンライブが見たいです、教授。



ロシア大使館潜入記念☆ロシア民謡に挑戦


マトリョミン,鉄琴,マラカス,木琴のようなもの
posted by スタイロ at 21:25| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

スジャータ、喜びの声

聖マトリョミン学園の事務長発案、
kurupomさんにマトリョミンやアンプを入れるバッグを
作ってもらおうプロジェクト

とうとう完成しました!
私のバッグはこちら!

matobag1.jpg

matobag2.jpg

スジャータに似合う色を選んでくださったそうですー


matobag3.jpg

アップリケ部分は北欧テキスタイル。
尻込みする馬がいい感じです。
しましまの布や青い布はアメリカ製のようですが、
こちらも北欧っぽく見えてくるのが不思議。


matobag4.jpg

ワンコモチーフもいいよなーと思っていたら、
中敷の裏にいらっしゃいました。 ・・・細かい!
この丁寧さとこだわりも、既製品にはないよさですよねぇ。


matobag5.jpg

 愛



では最後に、スジャータから喜びの声を。



matobag6.jpg

kurupomさん、ありがとうございます。
コルクちゃんと仲良くなれなかったことだけが心残りです!
posted by スタイロ at 23:58| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

もそもそミュージック

うちにある小楽器


おもちゃ鉄琴

sonor.jpg
大きさ比較にルチカちゃんを設置

おもちゃといえども音は正確らしい。
見た目もかわいいし、「うたたね合唱団」にぴったりでは!と購入。
噂によると賃貸人格さんも持っているらしい。
そしてオムトンの「sima2studio」という曲でも使われてた!


カリンバ

karinba.jpg

カリンバ教室に通っていたというよっちゃんさんの影響で欲しくなり、
アジア系の雑貨屋さんで購入。
カリンバは音階が一般的なものとは違い、気の向くまま、思うままで
適当に演奏するものらしい。(リズム重視?)
とりあえず1500円のものを手に入れてみたが、私にはこれで充分だ!
適当にポロポロはじくだけで、手軽にアフリカな雰囲気になる。


マラカスと木琴?

kigaki.jpg

以前マトリョミンの着ぐるみのお礼にと、
賃貸人格さんから頂いたもの。(自慢)
マラカスは3つそれぞれ音が違い、
木琴のようなものは叩くと癒し系のいい音がする。


さて、いつまでもこれらをを眺めてニヤニヤするだけではなく、
楽器なのだから、演奏をしてみるべきではないか?
色々試してみよー

というわけで、一人セッション。


鉄の琴で「春の海」


鉄琴,テルミン


アフリカっぽい「かえるのうた」


カリンバ,マラカス,鉄琴,マトリョミン


いやー、楽しいわー
カリンバだけでなく、
鉄琴も適当にたたくだけで曲っぽくなるから不思議。
posted by スタイロ at 00:12| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

特技:なぜか手が震えない

どうもー、「うたたね合唱団」のベレーじゃない方です。
こんばんは。


中野のカフェ、ウナカメで行われたマトリョーシカ展が無事終了しましたー

お越し下さった皆さま、ありがとうございました。
行きたかったけど行けなかった皆さま、ありがとうございました。
なにがなんだか、もう、ありがとうございました。



ちなみに私が描いたマトリョーシカはこちら

kurage1.jpg
「空海月」(そらくらげ)


マトリョーシカは自分が満足出来る仕上がりで出せましたが、
ライブってそうはいかないものなんですねぇ・・・

伴奏が聞こえ難くて、
2曲目以降はずっと眠り猫さんの方を見てタイミングを計っていました・・・(前を向け!)
眠り猫さんも伴奏が聞きづらかったはずなのに、
体内にメトロノームでも仕込まれているのでしょうか?

スジャータの音量が大きすぎて低音が共振?してしまい、
ビリビリいってしまいました・・・
もちろん音程外しと弾き急ぎも・・・
ああ、細かいことが思い出せない・・・

反省点は山程あり、私の調子に乗り過ぎ感は否めないですが、
偶然の出会いから頂いた機会だし、
これを断るなんて選択肢は私の中には全くなかったし、
参加して本当によかった!


bag.jpg
kurupomさん作成 うたたね合唱団公式バッグ


しかし眠り猫さんもよく私なんかと一緒にやってくれたよなー。
私が得るものはたくさんあるけど、
眠り猫さんからすればリスクばかりが大きいし。

あのライブで初めて眠り猫さんを見た方々に、
「なんかおもしろい人」という印象だけ与えてしまっていたらすみません!
頂いた感想が「面白かった!」ですみません!

違うのですよー
いつもの眠り猫さんのライブは、もっとアダルティーで繊細な感じなんですよー
セクシーキャットなんですよー(これはウソ)


そうそう、このパーティーの模様がネットラジオで放送されるそうです。


ネットラジオについて、眠り猫さんのところから勝手に転載

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■日時:4/8(日)21:00〜放送です。

■MCはかーしんことピロー笠原さんとマトリョーシカ桂田さん。

■5分位前から下のURLをクリックしてください!!自動的にitunes等のプレイヤーが立ち上がり、放送が受信されるそうです。

*後日、ポッドキャスト配信も予定とのこと。
 4月8日だけは生放送なので、お聞き逃しなく!

■88888マトリョーシカラジオ88888

http://203.131.199.131:8050/matoron.m3u

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


とりあえず私は「うたたね」創立メンバーから、雑用に降格します。
また何かあったらオーディションを受け、メンバーの座を射止めたいと思います。
なので許してください! 

utatane.jpg

posted by スタイロ at 22:21| Comment(46) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ウナカメ

水曜日限定のカフェくるくるとしましまに行って来た。
メニューが絵本をイメージしたもので構成されているという
ステキぶり!
3月で終了してしまうそうですよー

unamato.jpg
海のシチューもハンバーグもおいしかった〜
写真撮り忘れたけどー

なぜ慶子さんとスジャータもいるのかというと、
この場所で行われるマトリョーシカ展とライブに参加させていただくことになったのです。
このイベントの企画者が、
くるくるとしましまのナナさん(マトリョミンオーナー!)なのです。
偶然の重なりでこのようなことになったのですが、
眠り猫さんを巻き込んでおいて正解だった〜
 
unamato1.jpg
打ち合わせ


DMの内容を転載
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

matodm.jpg

大小マトリョーシカ100体以上が
中野のおうちカフェに大集合!!

Матрёшка! Матрёшка!

2007.3.27〜4.1 12:00〜20:30(Last day 〜18:00)

会場:una camera livera(ウナ・カメラ・リーベラ)
   http://www.unacame.com/

カフェでの展示のため、
ご来店の際はワンオーダーをお願い致します。


最終日4.1(sun)18:00〜20:00は
クロージングパーティーを行います。【満員になったらしいです】

<LIVE>
・サボテンによるギター弾き語り
・非公式マトリョミン営業部 
 うたたね合唱団によるマトリョミン・ノコギリ演奏
・ダカダバダンアコースティックハーモニー



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


結局眠り猫さんとのユニット名は、
「うたたね合唱団」で決定しました。
(すよんよんさんも入団するという噂が!?デマ??)
アイデアを下さったみなさん、ありがとうございました〜

namae.jpg
苦悩の跡


ウナ・カメラ・リーベラはマンションの1階にあり、
まるで友達の家に遊びに来たかのように、
庭から靴を脱いで入るアットホームな雰囲気。

dokin.jpg
靴下にも気を抜かないで!




そうそう、昨日kurupomさんに頂いたポーチはやはり電池入れに決定!

poti1.jpg poti2.jpg

マトリョミンの単三電池とミニアンプの用の電池を入れるのに
ちょうどよいサイズ。
ありがとうございます!カジノの中に忍ばせておきます。
posted by スタイロ at 23:22| Comment(39) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

聖マトリョミン学園学園祭(試験も含めて祭です編)

とりあえず練習はした。
当日は緊張してうまく出来ないかもしれないけれど、
それはしょうがないこと。
だって、何のためにマトリョミングレード試験を受けると思っているの?

合格するため? 


否!




☆竹内先生の印象に残ろう大作戦☆


その1、演奏であっといわせる 

    → ムリ


その2、自由曲の選曲センスでほほうと思わせる

    これもムリだわー。センスないし。(それ以前に知識がなさ過ぎ)
    とりあえず持っている伴奏音源をかたっぱしから再生して、
    マトリョミンで弾いてみたところ・・・

    音域が広くて難しいけど、意外とマトリョミンに合う。
    しかも竹内先生2枚目のアルバムの題名。
    「CD聞きました!」とCDにサインをもらえば話が広がるかも?

    → ラフマニノフのヴォカリーズに決定!


その3、バレンタイン大作戦(しーもさん原案)

    これもちょっと難易度が高いけど、マツヤのチョコなら余裕でしょー
    と思ってホームページを確認したところ、さすがバレンタイン前!(1/31)
    お届けは4月以降って!!
    バレンタインのチョコなんか、デパ地下で買えばいいじゃん!
    (自分のことは棚にあげる)

    → あえなく断念




そして試験当日、サイン用のCDを忘れる・・・

もういいや、普通に受けよう・・・





そんな流れで


必死の猛ダッシュで試験会場に駆け込み、
なんとか事務長の試験開始時間に間に合った。
しーもさんと私の番はまだ先なので、こんな感じでくつろぐ。

試験を終え、すべての業務をこなした事務長は、
ここでさよなら。
事務長!お疲れ様でした!


あっという間にしーもさんの番になり、試験の感想を聞く間もなく私の番が!


doa.jpg
登竜門


試験の出来は・・・
まあ、手はふるえなかったし、それでいいじゃない。(よくない)

ただ驚いたのは、竹内先生は私の演奏を見て、
教授から教わっていると分かる演奏だとおっしゃってました。
教授のクセを引き継いでいると。良くも悪くも。(どっち?)

手首が倒れるのが早いそうですよー



試験は終わったというのに、
テンション低めのまま二人でロビーでたたずんでいると、
園長先生の補習を終えたすよんよんさんがやって来た。

すよんよんさんが選んだ自由曲は知らない曲だったので、
楽譜を見せてもらった。

楽譜にはアクセントを付けるところやビブラートをかけるところなど、
沢山の書き込みがしてあった。
普段からきちんと音楽に向き合っている人にとっては当たり前のことかもしれないが、
自分の考えなさ加減に反省。
普通に楽譜を読むのも困難なのに、
それ以上を読み取るなんて無理なこととはいえ、
模範演奏を聴いて、楽譜には書いていないことをメモする位はすべきだよな・・・
深いなあ。


すよんよんさんが最後の受験生だったようで、
結局、しーもさんと私は最初から最後まで試験会場にいたのか。

ああ、濃い、濃い一日だった。






posted by スタイロ at 23:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

聖マトリョミン学園学園祭(本編)

事務長がよく行くというロシア料理店「ソーニヤ」にて、
念願の“聖マトリョミン学園学園祭”が開催された!
そしてnaeさんと初顔合わせ!
(私は誰でしょうクイズに参加したかったです・・・)

ロシア料理なんて、スープストックの東京ボルシチ止まりだったので、
とても楽しみにしていたのです!

しかし、酒はどうするのかという問題が・・・
この楽しいお食事の後には、恐怖の?マトリョミングレード試験が待っている。
酔っぱらうわけにはいかない・・・
でもせっかくだから飲みたい・・・
迷った結果、「酔わない程度に飲む」を選択。


マト学の繁栄を願って乾杯!

ものすごいタイミングで風邪をひく、眠り猫さんに乾杯!

ウォッカを水と間違えて飲んじゃう、すよんよんさんとめいさんに乾杯!


グルジアワインもウォッカも意外と飲みやすかった!
試験さえなかったら、もっと飲めたのに〜


とりあえずボルシチとピロシキが食べられればいいやと、
他の料理は事務長におまかせ。

marine.jpg

まずは魚のマリネ。
鮭と・・・白身の魚はなんでしたっけ?
なにか変わった匂いとかするんだろうかと思ったが、普通の酸味のあるさっぱりマリネ。
肉厚な鮭がうまーい。
そういえばロシア料理は酸味のあるものが多いんでしたっけ?


boru.jpg

一番楽しみにしていたボルシチ!
サワークリームが浮かんでます。
混ぜると色がピンクっぽくなり、よりまろやかなお味に。

hohusu.jpg

かわいいホフロマ塗りのスプーンでいただきます。
具は大ぶりで、ごろっとした牛肉がやわらかーい。

ボルシチは家庭料理なので、特に決まった作り方はないらしい。
最低限としてビーツ(赤カブ)を入れればいいらしい。
私の持っている本に載っているボルシチの作り方では、
具はみじん切りや細切りになっている。


syasi.jpg

シャシリク
豚肉と野菜の串焼き
これもまた、肉が柔らかくてじゅーしー。
バーベキュー的な味とはまた違うなと思ったら、
肉をマリネして柔らかくしてから焼く料理らしい。(たぶん)


piro.jpg

最後にピロシキ
皮は薄めで牛ひき肉がぎっしり。シナモンのような香りがした。
思ったより脂っこくなくて、小ぶりなわりに食べ応えあり。
氷が溶けて、ちょうどいい濃さになったウォッカに合うわー。


syugo.jpg

集合写真がこれぐらいしか撮れてなかった・・・


撮影会も済み、時間も無いので合唱の準備へ。
作曲者のすよんよんさんを差し置いて、園長先生の仕切りで打ち合わせを済ませ、
リハーサルなしの一発勝負!

他のテーブルに楽譜をひろげ、聴診器を着けてマトリョミンを構える七人!
伴奏音源と映像のスタンバイOK!
ソーニヤのオーナーの困惑ぶりには気づかないフリで、校歌斉唱!

聴診器を使っての合唱は初めてだったので、
自分の音と伴奏は聞こえるものの、
他のマトリョミンの音が聞こえず、
自分はちゃんと演奏出来ているのか、すごく不安になった。

演奏後、録音したものを聞きいてみると、
前半は色々と怪しいところがあるものの、
後半は結構キレイな音が出ていてびっくり。

い、いけますよ!


慌ただしくも、学園祭は無事に閉会。
お別れの挨拶も簡単に(笑)、マト試験組は売れっ子かのように、
しーもさんナビで、タクシー&ダッシュで会場へ駆け込むのでした・・・





つづく(長―――――い!)
posted by スタイロ at 00:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

聖マトリョミン学園学園祭(いいわけ編)

ギリギリまでマトリョミン試験の練習をしようと思っていたが、
家にいるのもなんだか落ち着かず、予定より早めに家を出ることにした。

試験会場の近くにロシア料理店があるんだから、
ロシア雑貨の店もあるのでは?と探してみたら、nicoというお店を発見!
よし、ついでに行ってみるか。


13:45頃にnicoの前に到着すると、
入り口に "RETURN 14:00" という表示が!
うわー、一人で切り盛りしてるのねー

まあ、15分くらいなら待ってみるかと、
近くの湯島神社に行ってみる。

入り口には梅祭の看板が。
「いいねー、風流じゃーん」と中に入ってみたものの・・・


ume1.jpg

みごとに咲いてない・・・


ume2.jpg

一部、咲いている木を発見!


sisi.jpg

切ないもの発見!


梅祭は暖冬の影響で散々だなーと思いつつ、
もう一度看板を確認してみたら、梅祭は8日からだった。
(その日は4日)
梅は間に合うのだろうか?


そんな感じで14:00は過ぎたので、もう一度nicoへ。
OPENの表示に安心して中に入る。

しまったー。予想より、すごくいい感じのお店だ。
くぅぅ、マト学のみなさんをお誘いすればよかったー。
ロシアのバッジに切手、文房具。
バブーシュカにゴム手袋など。
ロシアのおばあちゃんの下着なんてものもあった。
でもこの店はロシア専門というわけではなく、
ブラジルやタイなどの雑貨もあり、安っぽくてかわいいものが得意のようだ。
とりあえずマッチは数がいっぱいあったので、お土産として購入。

mach.jpg

ロシアクオリティ


さて、長居をしている場合ではない。
根津に向かって進む。


途中、不忍池沿いを歩いた。

おっ、アヒルボートだ。
なつかしー
家族やカップルがほとんどの中、
一人でなめらかにボートを漕ぐ人を発見。

kanu.jpg

カヌー部に違いない。



bakaken.jpg

おお! 「ばかけんちく」だ!



たらたら歩いていると、やっと目的の花影抄へ。

しあわせかなこさんが参加している、どうぶつかるた展を見る。
カモノハシかわいいー
お会い出来なかったので、チョコとシールを渡せなかったー。

cho.jpg

てんとうむしチョコとマトリョミンシール(旧型&新型)

ん?ギャラリーの人に渡してもらえばよかったのでは・・・



さーて、そろそろ学園祭の集合場所に移動しないと・・・
あれ?もうこんな時間?
ギリか・・・?
いや、間に合わないわ、これ








以上、遅刻の理由でした。(長―――い)

すみません・・・
posted by スタイロ at 22:06| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。