2010年09月21日

縫うべきか 縫わざるべきか 別に問題じゃない


けど気になる。

教授ファンの手ぬぐい愛好家にとっては、
意外な事実。
教授はてぬぐいの端を縫って使用する派だそうです。


周囲に流されやすい私は、
手ぬぐいの端はベロベロするものとして、
疑いもしませんでした。
洗濯機の中で手ぬぐいのほつれた糸が
他の洗濯物をベロベロに巻き込んでもなお、
そういうものとして疑いもしませんでした。
縫うのがめんどくさいだけ・・・?

tenugui3.jpg
ベロベロ派

ある程度でほつれは止まるので、
飛び出ているところはカットするのがよいそうです。
ベロベロにも程が・・・


端は縫わない方が乾き易く、
雑菌もたまりにくいと聞いたことがありますが、
「でも縫っても乾きやすいし」
という教授の主張に、
そりゃそうだとしか言いようがありません。

何かもっと胸をはってベロベロにしていられる
確固たる理由はないんだろうかと色々見ていると、
手ぬぐいは縦に裂くことが出来るとの情報が。

tenugui1.jpg
裂けた!!
※濡れたまま放置して、カビが生えた手ぬぐいで実験


これでケガや下駄の鼻緒がとれた時などの応急処置として、
手ぬぐいを活用できるのです。

といっても現代日本で、
そんな和風少女マンガみたいな状況に
出くわすことはまずないでしょう。

手ぬぐいもったいないし。



結論

なぜ端を縫わないのかと聞かれたときの模範解答。

tenugui2.jpg
posted by スタイロ at 23:52| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもベロベロ派でしたが、教授の縫ってある手ぬぐいを見て「縫おうか・・・な・・」とふと思ってしまったことをここに告白します。
でも、おかげでふっきれましたよ!
いなせなおにいさんが手ぬぐいをぴっと裂いて、わたしの花緒を直してくれるのですから。
直った下駄を履くときには、にいさんが肩を貸してくれるのですから!
Posted by ctmo at 2010年09月22日 02:07
オイラもベロベロ派です。
単にめんどくさいからですが。
Posted by うにょ at 2010年09月22日 09:38
私が普段愛用しているのは「てぬぐいハンカチ」なので 
最初から縁は縫ってあるのですよ 
ふははははヾ( `▽)ゞ
Posted by mieno at 2010年09月22日 09:50
ほつれどめ、っていう便利なものも売ってるよ〜
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yuzawaya/222-03-127.html

でもわたくしもデロデロ派です。

仕事以外で縫いたくないのです。

基本、無精なので。。。
Posted by kurupom at 2010年09月22日 12:42
ctmoさん

どう考えても教授の方が合理的で正しいので、
無理やり理由を探してみました。
手ぬぐいを持っていて、鼻緒が直せるいなせなおにいさん・・・
はたして存在するのか?!
もし出くわしたら、報告お願いします。


うにょさん

うにょさんも手ぬぐいユーザーでしたか!
民族系のレア手ぬぐいとか所持されてそうですねぇ。
先日会社にあった土木系手ぬぐいをもらったのですが、
よく見てみたらプリントでした・・・。
染めて!


mienoさん

てぬぐいハンカチとはまた、新しいジャンルで!
最初から縫ってあるなんて、至れり尽くせりですね。
今日会社帰りに飯田橋をうろついていたら、
ガーゼ手ぬぐいというのが売ってました。
端は縫ってあるようでしたが、柄がなんとも残念な感じでした。


kurupomさん

こんな便利グッズもあるんですねぇ。
硬くならないと書いてあるし、
これを付けても縦に裂けるようだったら、最強ですね!
まあ、裂くことはないと思いますが。
デロデロ派(めんどくさいから)の人が多そうで安心しました。
Posted by スタイロ at 2010年09月22日 23:45
裂けるなんていうのは、考えもしませんでした。
そうかー、そのうち私の鼻緒が切れたらきっといつでも手拭をもっているスタイロさんがピィーーッ!って鼻緒をすげてくれるに違いない、違いない。
または蛇に噛まれてしまったときに手拭を裂いて血止めを…。
Posted by よっちゃん at 2010年09月23日 01:34
手ぬぐいってタオル代わりにしたり、食器を拭いたり、その後は台布巾にして、雑巾にして、と使い道はたくさんです。
フリンジがかわいいし、畳んだ時に厚くなるのが嫌で縫いません。
最初から縫われていたものも持っていますが、洗って縫い目が縮んだりすることも多い!
縫ってあってもいいけど、自分ではぬわない派です!

あ、あと今年の全国こけし祭り手ぬぐい届いておりますですからねー。
今度お会いする時には持って行きます。
Posted by ゆ。 at 2010年09月23日 09:52
よっちゃんさん

私でよければ鼻緒をなおしますが、
ctmoさんのいなせなにいさん生存報告にも期待しましょう。
ちょっと力を入れただけで、
綺麗に縦にピリーっと裂けましたよ!
素晴らしい日本の技術ですねぇ。


ゆ。さん

むしろそのままの方が見た目がいいとは、
新しい意見ですねぇ。
私は普段はハンカチとして、
どこかに泊まる時などはタオルとして利用してます。
今年もこけし手ぬぐいありがとうございます!
いつかお祭にも行ってみたいものです。
Posted by スタイロ at 2010年09月24日 10:29
今日はPCの調子がよいので何気なく拝見したら・・・、私の手ぬぐいが話題に!?
大きく遅れてコメントです。
スタイロさんにメールにしようかとも思いましたが、やはりここに。


スタイロさん、我が家の手ぬぐいを頭に巻き、フルーツを切りまくったことも、もうだいぶ前のような気がしますね。。。

皆さんのご意見、勉強になりました〜。
私は単に縫わない理由を知らなかったので
ctmoさんのお話を伺ったときに目から鱗でした。私は手ぬぐいの文化を知らずに手ぬぐいを使っていたのか、と。
際限なく糸が出てくると思ってましたし。
裂いた写真もかっこいい!確かにロマンがありますね、これは。

出てくる糸もかまわぬ!お前さん、手ぬぐいってのはそういうもんだぜ。っていう方が粋ですね。
と思いつつも、からまる糸にイラっとしちゃうので私はこれからも端を縫うでしょう。

でもね、最後にひとつ告白します。
縫ってる人、他に見たことがありません!
やはりそれには理由があるはず。。。
Posted by 教授 at 2010年10月14日 11:01
教授さん

みなさんに気付かれなさそうなタイミングで、
教授からコメントが!

テ大5周年ライブの感想を書こうと思ったのですが、
気付いたら手ぬぐいのことしか書いていませんでした。
教授の縫われた手ぬぐいでほっかむりなんて、
いいレア体験でした。

この少ない人数で結論付けるのは強引かもしれませんが、
縫わない理由は「めんどくさいから」がほとんどな気がします。

手ぬぐい博物館とか手ぬぐい歴史資料館とか
あったら行きたいですねぇ。
Posted by スタイロ at 2010年10月14日 23:58
スタイロさん

お返事ありがとうございます。
手ぬぐい博物館、資料館、行きたいです。

先日「かまわぬ」に行ったら製造工程をDVD化したものが売っていたので、資料館が出来る日も遠くないかもしれません!
Posted by 教授 at 2010年10月16日 00:18
教授さん

手ぬぐいのDVDなんてあるんですか?!
今度かまわぬに行ったら、チェックしてみます。

今後またテルミン大学グッズを作成することがあったら、
是非手ぬぐいをー。
「祭」と書いてあるものがいいと思います。
Posted by スタイロ at 2010年10月17日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163358598

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。