2010年06月10日

安心と品質のロマン・かがやく ゆ。さんツアーズ

鎌倉・江ノ島フリーきっぷで行く、
サローネのついでに鎌倉でお買い物をしまくる旅
〜細いヒールにご用心〜



民芸おもと

kamak1.jpg

小さいお店の中には、こけしが沢山!
お店の方から色々なこけし話も聞け、ちょっとした博物館のよう。
数百円のリーズナブルこけしもあるので、
お土産にもよさそう。



キッキリキ

kamak2.jpg

お店の外にパンを食べられるスペースがあるので、
そこでさっくり昼ごはん。
焼き立てのカルツォーネの中から、
熱いスープが小龍包のように溢れてきて
みんなして慌てる。
フルーツ牛乳には合わない。




西御門サローネ

レトロモダンな洋館なのに、
藁ぶき屋根&高床式の和室も完備。
黒いフレームがポイントなサローネでは、
木を黒く塗ったテルミンがうまいこと馴染んでた。

kamak3.jpg

ミカドちゃんの髪飾りはこの建物をイメージしたとか。

kamak4.jpg


ほどよいそよ風にのせて、
テルミンやマトリョミンの音色が漂う。
特設カフェで、
フルーツのシロップ漬けが入ったソーダを注文したら、
生姜がピリッときいていた。

爽やかこの上ない!
もっと長居したかった。 というか住みたい。




長谷寺

kamak5.jpg

すっかり疲れてしまっていたので、紫陽花をチラ見。
ここのお守りはてんとう虫やイチゴの形をしていてかわいい。

kamak6.jpg

私の大仏ケータイの縁起がよりUPした。




アマルフイィ

よっちゃんさんリクエストのお店。
振り返るとこの日、
ご飯らしいご飯を食べたのはここだけ?!

kamak7.jpg




*予告*

次回のゆ。さんツアーズはボリショイサーカスです。

〜哀愁のないサーカスなんて、サーカスじゃないっ!!〜

お楽しみに。



posted by スタイロ at 21:46| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなタイトル付けないでぇ〜っ!
ひえ〜っ!!!
あんなに駆け足だったのに12時間も鎌倉にいたらしいですね、私たち。
眠り猫さんもいらしたら、もっと元気にあじさいまで見に行けたかしらん!?

ボリショイの日に行きたい場所も募集中でーす♪
熊と写真も撮りましょうね。
Posted by ゆ。 at 2010年06月10日 23:50
ロマン輝くエステールならぬエーテルですね☆
哀愁のボリショイサーカスが今から楽しみです

「いま私のいるサーカス団は○○の町に来ています」という葉書を出すのが長年の夢です
Posted by mieno at 2010年06月11日 08:58
西御門サローネでもコンサート、ちょっぴりノスタルジックで素敵でしたねえ。
うっとり。
選曲も。

そして、盛りだくさんの日曜日だったのですねえ。
ゆ。さん、美味しいものやオサレーな場所を沢山ご存知なのですね。
興味津々丸だわー。
Posted by ピートゥ at 2010年06月11日 09:56
記事が下にいってしまうのを直そうと色々試していたら、
前回の記事を消してしまいました・・・。
なんで?!


ゆ。さん

「ロマン」と「かがやく」の間に「・」を入れ忘れたので修正しました。
どうでもいいですね。

ボリショイサーカスの副題は、眠り猫さんの名言を勝手に引用しました。
これはボリショイサーカスのハードルを
上げてしまったのか、下げてしまったのか?
サーカスにおける哀愁とは一体・・・?

お楽しみに!


mienoさん

mienoさんがサーカスの団員になるなら、どのポジションでしょうか。
空中ブランコの花形スターもいいですが、
私は断然、動物の調教師ですねぇ。
なかなか言うことを聞いてくれなかった動物たちが、
ピンチの時に助けてくれて大団円!とか。
サーカスにいる目的はやはり、生き別れた家族さがしですよねー。
Posted by スタイロ at 2010年06月11日 10:10
ピートゥさん

よっちゃんさんも色々詳しそうでしたが、
鎌倉訪問率はゆ。さんが圧倒的なようです。
民芸おもとはピートゥさんも好きそうですねー。

ピートゥツアーズの
「Yさまと行く、人気(ひとけ)のない鎌倉散策 〜波しぶきに抱かれて〜」
にも行きたかったです。
Posted by スタイロ at 2010年06月11日 10:38
私は団長の養女で 綱渡りを演じます
ある夜 空中ブランコの花形スターと駆け落ちします

ぬぉぉぉぉ!!
Posted by mieno at 2010年06月11日 13:08
私の(想像する)mienoさんは団長姿です。
タキシード着てスポットライトの中に登場するんだよ!
私は夜中にサーカスに忍び込んで、閉じ込められている動物を逃がしてあげるの。
さあ、お行きなさい!
Posted by ゆ。 at 2010年06月11日 21:56
mienoさん

ほほぅ、養女というのは重要ポイントでしょうか。

駆け落ちすることによって初めて外の世界に触れ、
次第に明らかになっていくmienoさん出生の秘密。
黒幕はサーカスの常連客である
老紳士あたりがいいと思います。


ゆ。さん

サーカスの動物を逃がすのもいいですねー。
動物たちが野生に馴染めず、
サーカスに再び帰って来るパターンは夢がないので、
野生で暮らしつつも
ゆ。さんがピンチになったら助けに来て欲しいですねぇ。

あれ、哀愁は・・・?
Posted by スタイロ at 2010年06月12日 00:16
ゆ。さんお任せ乙女ツアーでしたね。
ほんとにお任せでした。
コーヒー牛乳はカルツォーネと合いました。
Posted by よっちゃん at 2010年06月12日 14:03
よっちゃんさん

やはりコーヒー牛乳か普通の牛乳にすべきでしたね。
でも飲んだことがなかったので、
味に想像がつきながらもフルーツ牛乳を選んでしまいました。

やっとジャムに手をつけましたー。
酸味レベル5でしたが味はわりと普通。
勇気を出してブラックペッパーとミントが入ったジャムに
チャレンジすればよかったです。
Posted by スタイロ at 2010年06月13日 22:50
ジャムはまだまだですが、スコーンおいしかったです。
プレーンなやつは塩が効いていて香りもとてもよかった!
ローズジャムの乗った乙女なやつも食べてみたかったな。
Posted by ゆ。 at 2010年06月14日 12:37
ゆ。さん

パインとピスタチオのスコーンも塩気が強めでおいしかったです。
私は固めが好きみたいです。

最近やっと「レギンス」の耳馴染みがよくなってきましたが、
「コンフィチュール」にはまだ馴染めません・・・。
そもそも「ジャム」と「コンフィチュール」は同じなのか?と疑問に思ったら、
googleの検索に同じ疑問を持った人がいて安心しました。
同じ意味なら言いやすいから「ジャム」でいいやー。
Posted by スタイロ at 2010年06月15日 10:02
そんなこと言ったかしらねぇ?
言ったような気もするわ。
あぁ、言っていたわ。
でも、そんな乱暴ないい方ではないわ!

ブログのタイトルや
ツアーのタイトルの
ネーミングは上手いねぇ(笑)

・・・・・。

鎌倉行きたかった。
Posted by 眠り猫 at 2010年06月16日 02:09
眠り猫さん

あれ?口調もこんな感じだったような?
世界有数のサーカスに誘われて行ったら、
中国雑技団みたいな派手な感じで、
理不尽にも妹さんに
「これはサーカスじゃない!哀愁がない!」とキレたって(笑)

サーカスはたぶん一度も見に行ったことがないので、
ボリショイに哀愁があるかどうかをポイントに見てきます。

眠り猫さんがいたら、また違った鎌倉ツアーになってたんでしょうねぇ。
また行きましょう!
Posted by スタイロ at 2010年06月16日 09:41
わたくしの好感度が下がるわっ!!!

キレていません(断言)。
サーカスについて熱く?
語っただけです。
おっほっほ。

だってね、象とかライオンとか
出てこなかったんだもん。
サーカスというより
アクロバットだったんだもん。

ボリジョイ、行かれないので、
哀愁を探してきて下さい。

そして鎌倉案内して下さい。
波しぶきにも抱かれたいです。
Posted by 眠り猫 at 2010年06月16日 10:59
眠り猫さん

ボリショイは動物が色々出てくるようなので楽しみです。
哀愁探してみます!

鎌倉は色々学習させてもらいましたが、
まだ案内出来るレベルでは・・・。
波しぶきに抱かれるなら夏がいいです。
キッキリキのコーヒーラスクは2週間もつと言われたので、
一緒に食べましょう。
Posted by スタイロ at 2010年06月17日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。