2009年11月30日

テルミン心理学

精神分析医の藤田博史先生主催のマンスリー連続対談という、
マンスリーではないけれど、
いろんな業界のトップランナーのお話を聞こう
というイベントに行ってきました。

テーマは「不自由な自由」で、
ゲストは竹内正実先生。

テルミンに心理学をちょっと絡めつつ、
演奏を聴いて終わりといった感じかなー
と気軽に出かけてしまいましたが、
予想以上に濃い内容でした。
心理学の話より、テルミンや音楽的な話の方が難しかったです(笑)
徐々に、勉強していけたら・・・

藤田先生はテルミンについてもかなり詳しいようで、
物理的なこと、聴く側、弾く側、
色んな方面で、竹内先生からお話を引き出されてました。
テルミン演奏を前に、
とても緊張しているという竹内先生に、
「竹内先生の失敗するところ、見たいですよねー?」
とかえしてらっしゃいました。
緊張をほぐすとかそういったことがあるのかもしれませんが、
普通のファンの人に見えました。



〜箇条書きレポート〜


・クララ式ビブラート
 アジア的な音楽からするとビブラートのかけ方がtoo mach
 竹内式はもう少し控え目でいく

・リディア式ビブラート
 安定感があるが、音に表情をつけにくい。

・竹内式ビブラート
 ピッチが不安定になりやすいが、音に表情をつけやすい。
 ゆらぎ感がよいのでリディア式に逆らっているものの、
 3年後はまた違う弾き方をしているかもしれない。

bibu.jpg


・竹内先生の四つ脚テルミン(商品名忘れた)は音色をカスタマイズしてある。
 1997年ではまだ安く購入出来た。

・藤田先生はネットでRCAテルミンを落札。
 今回竹内先生に弾いてもらおうと準備していたものの、
 調整が間に合わず。
 第2回対談があるかも?

・自由は拘束の上で成り立つ。

・テルミンは男性もしくは父性

・父親は母親と子供を分断し、
 外部とのコミュニケーションをもらたらす役目もある。

・マーブルのCDのマトリョミン音源は20kHzで
 バッサリ切っている。
 人が聞こえる音の周波数の上限が20kHzなのに、
 そこでもう切っちゃうの?!
 ということでいいんですよね・・・?
 高音は雑音が混ざるから、切ってしまうらしい。

・真空管テルミンは・・・
 倍音がなんとかで・・・ ゆらぎが・・・
 なんかいいらしい。






ついでに

12/6の将棋とマトリョミンのマミンカ会ですが、
イベント終了後、だあしゑんかは通常営業に戻るそうです。
お時間ある方、ご一緒にチェコ料理を堪能しましょう〜。

イトウマキさんのブログ
http://teletouch.blog.so-net.ne.jp/2009-11-26

北尾まどかさんのブログ
http://ameblo.jp/madoka-shogi/entry-10397791656.html#main
posted by スタイロ at 22:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
図解入りの詳しいレポ ダンケシェーン
この講座 すっっごく行きたかったんです
あー行けばよかった。。。

>・自由は拘束の上で成り立つ。

メモメモ。。。φ
Posted by mieno at 2009年12月01日 09:25
mienoさん

これはmienoさん、好きそうだなーと思ってました。
お二人ともかなり乗り気っぽかったので、
きっと第2回の対談は実現されるんじゃないでしょうか。

サンマロンズの方々がいたので、思わず最前列に座ってしまいましたが、
近すぎてどこを見ていいのか分からず、目が泳ぎっぱなしでした。
対談が弾みまくって、テルミン演奏は1曲だけでした(笑)
Posted by スタイロ at 2009年12月01日 10:23
はー
行きたかった、この退団。
じゃない対談。

レポートありがとうぅぅぅ!

それにしても勉強熱心な。
頭がさがります。
Posted by ぶん at 2009年12月01日 12:47
あれっ。
お嬢もいらしたの?
キガツカナカタヨ。

もう内容がおぼろげになっていたので、
このレポートで色々思い出しました。

いやいや、面白いお話でしたねえ。
女子がマトリョミンを好むフトイトせんせー的解釈とか・・・。
ふふふ。
Posted by ピートゥ at 2009年12月01日 16:14
タイプミスしてしまいました。
フロイトせんせー。
Posted by ピートゥ at 2009年12月01日 16:15
ぶんさん

勉強しなさ過ぎて、
薄まったレポートになっております。
他にも色々なお話があったと思うのですが、
私の脳みそで持ち帰れたのはこのくらいです・・・。

映像を撮っていて、この時の模様をネット配信するみたいでしたよー。


ピートゥさん

会場を出る時にピートゥさんに気付きましたが、追いつけませんでした。

これからは容易に「マトリョミンかわいい〜♪」
とか言えなくなってしまいましたね。 まあ、言いますが。
そこのところをもっと詳しく書こうかと思いましたが、
またアダルトなコメントが増えそうな気がして止めました。
Posted by スタイロ at 2009年12月01日 21:37
行きたかったです。
レポをありがとうございます。
(全部知っていたけれど←いぢわる)

「自由は拘束の上でなりたつ」

竹内先生がよく云っておりました。
レッスンの頃が思い起こされます。

あ〜、テルミンモードに入りたい。
ん、テルミンムード?

どちらにせよ、テルミンとの蜜月に、
そろそろ入りたい気もします。
多分来年。
Posted by 眠り猫 at 2009年12月02日 22:03
眠り猫さん

全部ご存知でしたか!さすがは関東初期生徒!

「自由は拘束の上で成り立つ」は竹内先生も前からおっしゃっていたことなのですねー。
心理学とテルミンに、こんな共通項があったとは。

優しく自由な家庭より、昔気質な制限のある家庭で育った人の方が、
何かにつまづいた時、混乱することが少ないそうです。
心には抑圧されることも必要だとか。
制限があるからこそ、自由に振舞うことが出来ると。
はー、難しい!脳みそが疲れる〜。

テルミンモード(ムード)、楽しみです!
Posted by スタイロ at 2009年12月02日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。